平成29年5月20日

天気上々、波も少なく釣り日和です。予報では、

最高気温が28度くらいまで、上昇するそうです。

なので、早めに帰港する計画でいつもの

加斗マリーナより出航です。

海上は日陰がありませんので、無風時は、春でも激熱です。

5月は、青物や真鯛などが産卵のために沖から

近場に来るらしく、遠くに行けないスモールボートに

とって、大物を釣り上げるチャンスの時期なのです。

小浜湾口の水深40~50mラインを魚探の反応見ながら、ジグを

落として、巻き上げるを繰り返し続けます。

表層では、青物らしきナブラが所々散見され、ボートを走らせては

ナブラに直接のジグキャスティングも交えますが、

面白いけど、なかなか釣れない。・・

そうこうしていると、

魚探の反応で落としたジグに何か食いついた模様で、

ものすごい勢いで、リールから糸がひきだされていくではないですか。

15分ほどの苦しく楽しい魚とのやり取りののち、釣りあげたのが、

ヒラマサです。めちゃめちゃうれしい~

初ヒラマサだ~。

クーラーボックスに入らないじゃないか。!

うれしくって、嫁さんに撮ってもらいました。

さばく前に測りました。68cm

いつもは、魚長を測定したりしないのですが、今回は、記録しました。

68㎝。私にとっては半端なくうれしい大きさなのです。

釣果もあったので、予定通り、昼前に納竿しました。

最近、テレビニュースでやけに報道しているアニキサスに注意しながら、

捌いて、お刺身や漬けでいただきました。次の目標は真鯛です。