嫁さんがSOU・SOUさんのマスクを欲しいらしく、買ってみた。

sousouさんのマスク
嫁が買ったsou・sou製マスク

ネットのみの販売で、納期がかかったが、1カ月ほどで送られてきました。

嫁さんは、気にいっているらしく、このマスクばっかつけていることが多く、

私のはなぜか、嫁さんの手作りマスクしかない。?

なんか、差があるよ~な気がする。なんか、ぞんざいに扱われているよ~な気がする。

この年ぐらいになると、ある程度の主権を主張しないと、

家の中の自治権が、嫁帝国の侵略や暴挙により、侵されてしまうのである。

気をつけようと思うこの頃であった。

 

それは、さておき。

このSOU・SOUさんのマスクを見ていくと。

素材は、裏も表も、当社の高島ちぢみを使っていいただいている。

表は、やや張りのある通気性の良い高島ちぢみを、

裏は、柔らかめの肌触りのいい高島ちぢみを使用している。

耳掛けゴムは、マスクの左右上下に縫い付けられ、引っ張っても側線にしわが寄りにくくなっている。

つけてみると、着け心地の良さと呼吸のしやすさが、他の生地とくらべて、

群を抜いて良いのがわかる。

 

高島ちぢみは、通気性やシボをたてる事を、予め考慮して、生地の密度が

粗めに織られています。そのことが功を奏してか、非常に呼吸のしやすい素材となっています。

夏のみならず、一年中、使えるマスク素材のように思えます。

 

価格が、1枚¥528円(税込み)日本製なのに。

主な、行程工場は、下記のようになっている。

 

高島織物工業協同組合サイジング(たて糸の準備工程)

坂尾健一撚糸工場(横糸の追撚工程)

坂尾織物株式会社(生地の製織)

高島晒協業組合(生地の下晒、シボたて)

京都の捺染工場で手捺染

日本中の縫製工場にて、裁断縫製。

  

すべて国内工場で、安心して、使っていただける商品ではないでしょうか。

追記

私も、SOU・SOUさんのマスクのLサイズを購入していただけました。

素数柄の黒で、お~~これ好き。