ウェブサイトへようこそ。高島ちぢみ・夏物衣料・シボのある生地

高島ちぢみ

  • HOME »
  • 高島ちぢみ

「高島ちぢみ」とは

DSC00918

高島ちぢみ エンボス波シボ プリント

 

高島ちぢみとは、近年のクールビズ商品として知っていただけるようになった「ステテコ」の代表的な素材であり、綿クレープ(ちぢみ)や楊柳(ようりゅう)と呼ばれ、江戸時代末期から続く歴史のある織物です。「ちぢみ」は、滋賀県の琵琶湖西岸に位置する「高島地区」が産地であり、高島産地で生産・加工された生地は「高島ちぢみ」として地域団体商標に登録されています。

「高島ちぢみ」は、主に緯糸(よこいと)に、強く撚りをかけた糸を用いて織り上げた後、特殊な晒(さらし)工程によって追撚された緯糸が戻ろうとする力を利用して布面にシボ(凹凸)を出すのが特徴で、このシボにより、肌と生地の間に一定の空間が確保され、生地との密着を妨げ、サラッとした爽やかな肌ざわりになります。吸水性、速乾性も良く、高温多湿な日本の春夏衣料素材として重宝されています。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0740-25-2164 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 坂尾織物株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.