平成30年07月31日(火)

今夜、火星が15年ぶりに地球へ大接近するとの事で

数か月ぶりに天体望遠鏡を引っ張り出しました。

次男の夏休みの宿題を兼ねながらの天体観測です。

 

 

 

 

 

21時過ぎ

南に向かって少し見上げると

やけに輝き目立つ星が二つ。

正面からやや左側に、

夜空でもすぐに目につく輝きの『木星』があります。

望遠鏡を向けると木星は三つの衛星に

囲まれ、おぼろげな縞模様で浮かんでいます。

 

そして今回の主役

南正面からやや左に目を移すと木星を

はるかに凌ぐ明るさと輝きの火星が

光っています。

 

次の接近はまた15年後、

そうなると、私は70歳近くになっていますので

ちゃんと観察できるのは今回が最後かも。

心して観察せねばと、望遠鏡を覗くと、

遠くにある小さい太陽を見ているがごとく

メラメラ燃えているような

オレンジ色のノッペラボウでした。

大きく見えますが、

見え方は、いまいちです。

火星の模様が見えるかなと期待したのですが、

残念です。

これは『ちゃっちい望遠鏡のせいだ~』って

嫁さんに高級望遠鏡の提案をしましたが

秒殺で却下されました。

 

でも忘れてならないのが、ちゃっちい望遠鏡でも

うっとりさせてくれる星

上記の明るい星2つの間に、挟まれて

少し暗く輝く星、

『土星』

レンズを通して浮かぶビジュアルは、

のっぺら火星より

幻想的に環をたずさえたこの星に見入ってしまいます。

 

家族には、三つの星を覗いてもらいました。

中三次男の感想は、

『お父ちゃんテンション高すぎ~』だって。

なんじゃそら~、そっちかい。